カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

店長:藤崎

【ごあいさつ】

こんにちは、藤崎です。この度はご来店ありがとうございます。

オーストラリア歴5年、オーストラリア産、オーストラリア製の本当に良いものを日本の皆様へお届けしたいと思い、そして私が出会ったのが「エミュー(EMU)」でした。

エミューの品質、こだわりを知れば知るほど好きになりました。こうしてお届けできる場が与えられて本当に嬉しいです。

数あるエミューのブーツの中でも特に、オーストラリア限定の「プラチナムモデル」が人気です。

プラチナムモデルは、シープスキンブーツの本場・オーストラリアで作られている最高品質のモデルで、日本では手に入りにくく、多くのお客様に喜んでいただいております。

エミューは、キャメロン・ディアス、ケイティ・ホームズ&スリ・クルーズ母娘、シエナ・ミラー、ヒラリー・ダフなど、私服が注目されているセレブの愛用ブランドです。

1人でも多くのみなさまに、オーストラリア製のエミューのすばらしさを実感して喜んでいただくために、毎日頑張っています。どうぞよろしくお願いいたします。

売れ筋商品

Feed


エミュー(EMU)のクイズ


1:ムートンブーツとシープスキンブーツは別もの。ウソ?ホント?
答えはこちら


2:毛が抜けるのは不良品。ウソ?ホント?
答えはこちら


3:エミュー(emu)のブーツは自分でクリーニングできる。ウソ?ホント?
答えはこちら


4:国際普通航空便で送っても大丈夫。ウソ?ホント?
答えはこちら


5:ギフトとして発送すると関税はかからない。ウソ?ホント?
答えはこちら


6:箱付きで発送すると関税がかかりやすい。ウソ?ホント?
答えはこちら


7:関税がかからないヒミツの方法がある。ウソ?ホント?
答えはこちら


8:関税の請求は、商品が届いた後で別に来る。ウソ?ホント?
答えはこちら


1:ムートンブーツとシープスキンブーツは別もの。ウソ?ホント?


答え【ウソ】

ムートンブーツとシープスキンブーツは、全く同じものを指します。
「ムートン」は mouton というフランス語、「シープスキン」は sheepskin という英語の単語で、どちらも羊の皮という意味です。

くわしくは【シープスキンブーツについて】をご覧ください。


2:毛が抜けるのは不良品。ウソ?ホント?


答え【ウソ】

毛が抜けるのは不良品ではありません。
1枚革のシープスキンブーツは最初は多少の毛が抜けるもので、これは本物の天然羊皮を使用している証拠です。
なぜなら、羊の革を切ったまま、かがり縫いなどの処理をせずに縫い合わされるため、毛と革が離れてしまった部分の毛が抜け落ちてくるのです。

かなりの量が抜けてくる場合もありますが、全く心配はいりません。
いったん抜けてしまえば、その後は抜けることは、ほとんどありません。
当ショップでは、1足1足ていねいに検品し、できる限り抜け落ちている毛を取り除いてから発送しています。


3:エミュー(emu)のブーツは自分でクリーニングできる。ウソ?ホント?


答え【ホント】

エミュー(emu)オーストラリアの撥水加工モデルは、専用のケアキットを使用して、自分でクリーニングをすることができます。

くわしくは【お手入れと取り扱い方法】をご覧ください。


4:国際普通航空便で送っても大丈夫。ウソ?ホント?


答え【ウソ】

国際普通航空便は、荷物が届かなかった場合や壊れた場合でも、一切補償されません。
また、国際普通航空便は、荷物に個別の認識番号が付いていないので、万一紛失した場合でも探すことができず、泣き寝入りとなってしまいます。

当ショップでは、事故が起こりにくく、荷物の追跡ができる「速達航空便(EMS)」を利用しています。
また万一、郵便事故が起った際もすぐに代わりの商品を発送したり、郵便局に直接連絡を入れたりするなど、万全のサポート体制をご用意しています。


5:ギフトとして発送すると関税はかからない。ウソ?ホント?


答え【どちらでもない】

ギフトとして発送しても課税されることはあります。
まれに、お客様から「関税がかからないように、ギフトとして発送してください」というリクエストをいただきます。
しかし「ギフト」と記載しても、課税されることはあります。

つまり、課税されるかされないかという税関の判断には何ら影響しません。
ちなみに当ショップでは、すべての商品を「ギフト」として発送しています。
関税についての不安やトラブルからお客様を守るため、万一課税された場合には、当ショップが関税分を負担するサービスを提供しています。

くわしくは【関税について】をご覧ください。


6:箱付きで発送すると関税がかかりやすい。ウソ?ホント?


答え【ウソ】

箱付きでも、箱なしでも、変わりません。
箱なしの方が目立たないから課税されにくいと判断して、そのように対処している販売者があるようですが、税関の判断には何ら影響はなく、箱があってもなくても関係なく課税されます。

私どもはこれまでの長年に渡る多くの発送経験から、この情報が明らかに間違いであることを知っています。
ですから、このような偽情報に惑わされることなく、当ショップでは、お買い求めいただいた大切な商品を安全確実にお届けするため、箱付きで発送しています。

シープスキン製品は、とてもデリケートです。
ちょっとした圧力でも表面に傷が付くことがあります。
箱に入っていれば、ブーツの形が崩れることもなく商品を衝撃から守ることができます。


7:関税がかからないヒミツの方法がある。ウソ?ホント?


答え【ウソ】

関税の課税を免れる方法など、存在しません。
個人輸入代行サイトなどで「関税対策をしてお届けします」などといった記載を目にします。
しかし「対策」など、絶対にありません。

税関は日本政府が運営する独立した組織です。
一般の民間人が何らかの操作をして関税がかかることを免れるとしたら、それは犯罪行為にあたります。
すべての輸入品は、課税される可能性があります。

また、誤解されている方がおられるようですが、この関税は、日本に輸入する際に課税されるもので、発送元の国が課税するのではありません。
つまり、日本の税関が課税するのです。
発送元がアメリカでも、オーストラリアでも、イギリスでも、課税される条件には全く変わりはありません。

くわしくは【関税について】をご覧ください。


8:関税の請求は、商品が届いた後で別に来る。ウソ?ホント?


答え【ウソ】

関税の請求は、基本的に商品配達時に来ます。
税関から何の請求もなく商品が配達された場合は、課税されません。
つまり関税を払う必要はありません。

くわしくは【関税について】をご覧ください。


ピックアップ商品