カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

店長:藤崎

【ごあいさつ】

こんにちは、藤崎です。この度はご来店ありがとうございます。

オーストラリア歴5年、オーストラリア産、オーストラリア製の本当に良いものを日本の皆様へお届けしたいと思い、そして私が出会ったのが「エミュー(EMU)」でした。

エミューの品質、こだわりを知れば知るほど好きになりました。こうしてお届けできる場が与えられて本当に嬉しいです。

数あるエミューのブーツの中でも特に、オーストラリア限定の「プラチナムモデル」が人気です。

プラチナムモデルは、シープスキンブーツの本場・オーストラリアで作られている最高品質のモデルで、日本では手に入りにくく、多くのお客様に喜んでいただいております。

エミューは、キャメロン・ディアス、ケイティ・ホームズ&スリ・クルーズ母娘、シエナ・ミラー、ヒラリー・ダフなど、私服が注目されているセレブの愛用ブランドです。

1人でも多くのみなさまに、オーストラリア製のエミューのすばらしさを実感して喜んでいただくために、毎日頑張っています。どうぞよろしくお願いいたします。

売れ筋商品

Feed

偽物の見分け方

偽物・偽物販売者、撲滅!…わたしたちの願いです。

ネット上に数万点と出品されているシープスキン(ムートン)ブーツ。
中には数多くの【偽物】が存在しています。
そして何も知らず偽物を買ってしまう被害者が、跡を絶ちません。

粗悪な偽物を買ってシープスキンブーツに対して悪い印象を持ってしまうのは、専門店としてはとても悲しいことです。
大手ネット通販ショップなどで買って被害にあわれた方々から、当ショップあてにたくさんご相談をいただいております。

偽物を販売することは、法律に違反します。
販売者の中には偽物を販売していることに気づいていないケースもありますが、たとえ知らずに売ったとしても、罪になります。
ですから、売る側はそのことを十分理解して、仕入れた商品が正規品であることに自信が持てない場合は、大きなリスクがあることを認識していただく必要があるでしょう。

そして、偽物被害にあわないためには、買う側が、もっと正しい商品知識を持ち、自らの身を守る必要があります。
このページでは、「買う側」、そして「売る側」、双方のお役に立てるよう、当ショップが長年かけて集めた情報を公開いたします。
そして、偽物被害にあわれる方が1人でも減って欲しい…。
偽物・偽物販売者、撲滅! それが、わたしたちの願いです。

(目次)
偽物(ニセモノ)とは? ─言葉の意味
本物とは? ─言葉の意味
購入前に注意する点
購入後の検証方法
その他、偽物関連情報リンク

偽物(ニセモノ)とは? ─言葉の意味

一般的に「偽物」と呼ばれているのは【正規品ではないブランド品】のことです。
「正規品」とは正規のルートで流通している商品のことを指します。
しかし実は「正規品」という言葉にはあいまいな意味があり、「誰が認定しているか」によって、偽物であっても「正規品」と表示できる場合があります。

例えば、販売者自らが、自分の作った規則や規格に基づいて「正規品」と定めているような場合です。
このような表現の場合は、「ブランドの正規品」ではありませんが「当社の正規品ですよ」といったような言い逃れが通用してしまいますので、十分注意しましょう。

本物とは? ─言葉の意味

「偽物」の反対の意味を持つ「本物」という言葉にも注意が必要です。
「本物」というのは【本物のシープスキンブーツ】という意味で使われる可能性もあるからです。

つまり、本物のシープスキンブーツではあるけれど、ブランド品ではないというようなケースです。
「正規品」という言葉とは、少し意味が違います。

購入前に注意する点

購入前にその商品が偽物かどうか判断するのは、とても難しいです。
少しでも怪しいと思ったら、その販売者からは買わない方が無難です。

以下に偽物かどうか判断可能なポイントを紹介しますので、参考にしてください。
実物を見ずに偽物と断言するのは不可能ですが、これらの要素を見つけることができれば、事前に偽物の可能性が高いと判断でき、被害にあわずに済みます。

■商品写真で判断する
掲載されている商品写真が、その販売者によって撮影されたものであれば、偽物かどうか見分けられるポイントがあります。
一部の偽物に見られる特徴に、ブーツの「筒部分がとても太く、ラインがまっすぐ」というのがあります。
天然素材を使用している製品ですので、多少の形の違いはありえますが、エミュー(emu)オーストラリアの商品は、ふくらはぎに沿った形にカーブしたラインが特長です。
ロング丈モデルの「ハイ」をチェックすると、分かりやすいでしょう。


■写真以外で判断する
写真以外にも怪しいかどうか判断する材料はあります。
以下を参考にしてください。

【安すぎる価格】
あまりにも安い商品は要注意。
ショート丈の「ロー」で13,000円以下、ロング丈の「ハイ」で15,000円以下は、まず正規品ではない可能性が高いと思った方が間違いないでしょう。
なぜ安く提供できるのか、納得できる理由が説明されていない場合は要注意です。

【「本物」と言う】
「100%本物」などと書かれている場合は、一般的に偽物が多いです。
「本物」と強調している出品には要注意です。

【発送国や日本語に注意】
多くのブランド品の偽物は中国製です。
中国から発送されていたり、商品説明や問い合わせに対する回答の日本語がおかしかったりする販売者は要注意です。

【購入先を聞いてみる】
ショップの場合は恐らく答えてもらえないと思いますが、オークションなど個人出品の場合は、どこで購入したかを確認すると良いでしょう。
納得できる回答が返って来ない場合は要注意です。

【評判や口コミをうのみにしない】
その販売者が良い評価を得ているということだけで、信頼できるとは限りません。
実際に評価の良さに注目して購入を決めたら、偽物が届いたという被害者がいます。
自分のサイトに悪い評判を載せる販売者はいません。

【販売者が偽物だと認識していないケースがある】
この“ニセモノ”問題が奥が深く対処が難しいことの1つの理由に、販売者も偽物と知らずに販売しているケースがあるということです。
偽物を不正なルートで斡旋する業者が、ネットには溢れています。
正規販売店以外から仕入れた商品は「正規品」ではありませんから、非認定業者から仕入れるということは、犯罪に手を染めることになるのです。

【販売者の稚拙な商品知識】
商品説明の内容が事実と異なっている場合は要注意です。
例えば「外側はシープスキン、内側はムートン」…などといった説明です。
明らかにそれらの言葉の意味が分かっていない販売者です。
売る側が商品について良く知らないのであれば、その販売者から買う価値はないでしょう。

購入後の検証方法

すでにエミュー(emu)オーストラリアの商品や本物のシープスキン製品をお持ちの方なら、届いた品物を見てすぐに違いに気がつくかも知れませんが、初めて購入される方にとっては正規品との違いがなかなか分りにくいものです。
十分に注意して注文したはずだったのに、到着した商品がどうも怪しい…。
そんなふうに感じたら、以下の偽物に見られる主な特徴を参考にしてください。

【シンナー臭がする】
箱を開けた時シンナーのような刺激臭がする場合は、偽物の可能性があります。
正規品は無臭もしくは、かすかに革の臭いがします。
シンナー臭がする場合は、本物のシープスキンを使っていない可能性が高いです。
つまり「豚や牛のスエード+ウール」または「合成皮革+合成ウールの貼り合わせ」であると予測されます。
これらを接着剤で貼り合わせているので、シンナー臭がするのです。
偽物を購入してしまった被害者から「箱を開けたとたん、キツい臭いがした」という経験談が寄せられています。

【ボアがごわごわしている】
ボア(ファー)がふわふわではなく、ごわごわしたり、ちくちくする感じであれば、偽物の可能性があります。
粗悪な偽物はコストを抑えるために、本物のシープスキンを使用していない場合がほとんどです。
ボアが動物の毛か合成繊維かを見分ける方法があります。
毛を少し取って、燃やしてみてください。
以下のどちらの特徴に当てはまるかで、動物の毛か合成繊維かの判断材料になります。
しかしこの方法では「シープ(羊)」の毛か他の動物の毛であるかどうかの判定はできません。

動物の毛の燃え方の特徴
・髪の毛が燃えるのと同じような臭いがする
・燃えカスが、パラパラと簡単にくずれる

合成繊維の燃え方の特徴
・ビニールが溶けるような臭いがする
・燃えカスが、パラパラとくずれず、べったりとくっついている

【ボアが極端に薄い】
極端に薄いボアの場合は、偽物の可能性があります。
正規品はボアの厚みが1cm程度あります。

【内タグが付いている】
当ショップで販売しているエミュー(emu)オーストラリア本社工場の製品には、ブーツの内側にはタグが付いていません。
これは、オーストラリアでは製品表示を必ずしも品物に付ける義務はないからです。
しかし、日本国内に流通しているエミュー(emu)オーストラリア中国工場の製品は、日本の表示規則に合わせた表示方法のため、内タグが付いています。
このことを誤解なさっている方が、エミュー(emu)オーストラリア本社工場の商品には内タグが付いていないから偽物だと指摘しておられましたが、これは全く逆で、オーストラリア製と言っていて内タグが付いていれば、それは偽物なのです。

【型崩れ防止材が入っている】
当ショップで販売しているエミュー(emu)オーストラリア本社工場の製品は、エミュー(emu)オーストラリアの中国工場の製品に入っているボール紙の「型崩れ防止材」は入っていません。

【オーストラリア政府公認の紙タグが付いていない】
エミュー(emu)オーストラリア本社工場の製品には、すべてオーストラリア政府が認めた「Made in Australia」という紙タグが付けられています。
現在、エミュー(emu)オーストラリアでは紙タグのデザイン変更を随時行っております。
生産時期によって写真と異なるデザインのタグが付いておりますので、ご了承ください。

【足底にサイズ表示が入っていない】
当ショップで販売しているエミュー(emu)オーストラリア本社工場の製品には、足底の部分に、サイズ表示の小さい記載が入っています。
これはオーストラリア本社工場製には内タグが付いておらず、箱がないとサイズが分からなくなるためです。
もし足裏にサイズ表示が入っていなかったら、それはエミュー(emu)オーストラリア中国工場の製品であるか、もしくは偽物である可能性があります。

その他、偽物関連情報リンク

日本の政府機関でも、偽物を買わないように消費者に直接訴えるキャンペーンを多数行っています。

日本政府公報オンライン「模倣品・海賊版撲滅キャンペーン」
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/200912/3.html

特許庁「模倣品・海賊版撲滅キャンペーン」
http://www.jpo.go.jp/mohouhin/24fy/campaign/

知的財産侵害物品(コピー商品等)の取締り
http://www.mof.go.jp/customs_tariff/trade/safe_society/chiteki/index.html

買う側、1人1人が「偽物は買わない」という意識を強く持つことで、偽物を撲滅することができると、わたしたちは信じています。

【おことわり】
掲載内容は、当ショップが独自に調査・収集した情報です。
無断で転載・転用しないでください。著作権の侵害となります。
掲載情報によって第三者が被害を被っても、当ショップでは一切の責任を負いかねます。
個々の商品や販売者が正規かどうかのご判断は、ご自身でお願いいたします。
情報の正確性ついては細心の注意を払っておりますが、掲載後に情報が変更になる可能性がございますので、ご了承ください。

ピックアップ商品